東洋大学東洋学研究所 2021年度 第3回 オンライン研究発表例会のお知らせ

当会の会長・渡辺章悟 教授が所長を務める
東洋大学 東洋学研究所の研究発表例会が開催されます。

日時: 2021年11月13日(土)午後 1 時55分より

場所: オンラインリモート(Zoom)発表会
            (運営 東洋学研究所)

 13:55~17:30予定

開 会 の辞  13:55          東洋学研究所 所長     渡辺 章悟

 研 究 発 表     (14:00~ 17:10)

14:00~14:40
ジャイナ教における天国と地獄の瞑想
                       是松宏明 院生研究員

 (10分休憩)

14:50~15:30
中世真宗における妻の道場運営と後世の認識

   ―堅田妙専尼と仏光寺了明尼の二人の「坊守」を中心に―
                       板敷真純 奨励研究員

 (10分休憩)

15:40~16:20
ヒンドゥー教の宗教的語り芸カターについて

   ―チャイタニヤ派寺院のゴースワーミー師の事例を中心に―
                       澤田彰宏 客員研究員

 (10分休憩)

16:30~17:10
『トリスタリーセートゥ』におけるヒンドゥー聖地巡礼の特徴』

                       宮本久義 客員研究員

閉会の辞・総評  17:10~17:30             橋本泰元 研究員 


○ 本研究発表例会は、オンライン(Zoom)にて行います。
 参加費無料ですが、申し込みが必要です。

○ 申し込み方法:toyogaku@toyo.jp宛てに
 11月10日までにメールをお送りください。
 メール本文には、「名前」「住所」「電話番号」を記載して下さい。

○ 折り返しZoomURL、パスコードをお送りします。
                  →→→ 詳細は こちら

リーフレット(PDF)のダウンロードは以下からどうぞ ▼▼▼


(アイキャッチ:Peggy und Marco Lachmann-AnkeによるPixabayからの画像)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

5 × four =